土地活用ナビ

土地活用の今が分かるトレンドや役立つ情報を発信。

media

土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

資産運用の選択肢のひとつに、土地へ投資して有効活用する方法があります。しかし、土地を所有している方の中には、「どのように投資すればいいのかわからない」「どの活用方法なら収益が得られるのかわからない」といって、土地を放置しているケースが少なくありません。

ここでは、所有している土地をそのままにしておくデメリットのほか、土地へ投資して有効活用するポイントや、おすすめの土地活用方法についてご紹介します。

所有する土地を更地・空き地のままにしておくデメリット

所有する土地を更地・空き地のままにしておくことには、さまざまなデメリットがあります。代表的なデメリットを3つ挙げておきましょう。

更地・空き地のまま所有しているだけで税金がかかる

土地は、更地・空き地のままで所有しているだけでも、毎年、固定資産税や都市計画税がかかります。つまり、土地を有効活用して収益を得たり、土地を手放したりしないと、税金が家計の負担になって資産が目減りしていくことになるのです。

不法投棄や不法侵入など、衛生面・安全面の問題が発生する場合も

更地・空き地は、不法投棄や不法侵入を引き起こしやすいといわれています。不法投棄されたゴミから害虫が発生したり、動物が入り込んで荒らしたりするようなことがあれば、衛生面・安全面の問題にも発展しかねません。

近隣から「夜中に誰かが入り込んでいるようで怖い」「嫌なにおいがする」といったクレームを受ける可能性もあります。

土地の維持作業や管理費用などのコストが発生する

更地・空き地は、放置しているとどんどん荒れていきます。近隣の環境への影響や、いずれ活用するときのことを考えると、定期的に掃除をしたり雑草を取ったりして、環境維持に努める必要があるでしょう。

土地が収益を生む状態にならない限り、土地の維持・管理にかかる人的・経済的コストだけがかさんでいくことになるのです。

【関連記事】

空いている土地は積極的に活用すべき!事例に学ぶ活用方法

土地活用を考えている方はこちら

更地・空き地のままの土地を有効活用する際のポイント

更地・空き地のままの土地へ投資する場合、所有している土地の特徴をよく理解して活用方法を検討することが大切です。活用方法を検討するにあたって、確認しておきたい主なポイントは下記の4つです。

土地の形状

土地の形状は、活用方法を決定するための重要な要素です。一般的に活用しやすいとされる土地の形状は、正方形や長方形といった整形地。入り組んだ地形や、凹凸のある土地、旗竿地といった変形地は、活用方法の選択肢が狭まります。

土地の坪数

土地の坪数(広さ)も、活用方法を決める上で重要です。例えば、賃貸マンションを建てて運用したいと思っていても、住居や共有スペースなどに十分な広さが確保できない狭小地では、実現の可能性が低いでしょう。

所有している土地の坪数に適した活用方法を考える必要があります。

 

【関連記事】

200坪から300坪の土地活用はどうする?おすすめの活用方法を紹介

400坪から500坪の土地活用は収益性がポイント!おすすめ活用方法を紹介

立地や周辺環境

活用したい土地が、人があまり訪れない地域にある広々とした土地なのか、狭くても市街地に近い場所や、車の通行量が多いロードサイドにある土地なのかによっても、活用方法は異なります。

所有している土地の立地や周辺環境も含めて、活用方法を検討しましょう。

初期費用やランニングコストと収益性

どのような土地活用方法を選ぶのかによって、初期費用や維持費が異なります。

例えば、土地の上に賃貸マンションや福祉施設を建てて運用する場合は、建物を建てるために土地を整備する費用や、建物の建築費などがかかります。建築後も、定期メンテナンスや修繕といった、施設管理のランニングコストが発生します。初期費用と併せて、トータルで収益性を考えるのがポイントです。

土地活用を考えている方はこちら

土地へ投資して運用する、代表的な土地活用方法

土地へ投資して運用する際には、どのような活用方法があるのでしょうか。代表的な土地活用方法には、下記のようなものがあります。

アパート・マンション

土地活用の方法の中で、一般的によく知られているのが、アパートやマンションを建てて、賃貸物件として運用する方法です。住宅が建っている土地は固定資産税が軽減される特例があるため、更地・空き地のままにしておくよりも節税効果があります。

ただし、アパートやマンションを建てるには、初期費用がそれなりにかかります。また、入居者が思うように入らず空室となるリスクもあり、賃貸需要が見込める立地かどうか、暮らしやすい住環境かどうかなどを事前にリサーチする必要があります。

駐車場

駐車場は、土地の上に建物を建てる必要がなく、初期費用を抑えられる土地活用方法です。ただし、アパートやマンションと同じく、需要が見込める立地かどうかか重要になります。

交通量が少ない地域や、駐車場を併設している住宅が多い地域などでは、需要が少なく収益化が難しいかもしれません。

福祉施設

福祉施設は、活用が難しいとされる立地にある土地や変形地でも、比較的有効活用できる可能性が高い土地活用方法です。福祉施設には、老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホームなど、いくつかの種類がありますが、地域を問わず需要が高まっているため、おすすめの方法といえるでしょう。

建物は土地オーナーが建てて、福祉施設の運営を事業者に任せることで、安定した収益性が期待できます。特に、障害者グループホームを建てて運用するのは、注目されている土地活用方法です。

 

【関連記事】

土地活用は老人ホームや介護施設に注目!そのメリットとデメリット

更地・空き地のままの土地は、有効活用の検討を!

所有している土地を更地・空き地のままにしておくと、さまざまなデメリットがあります。その土地に合った有効活用方法を検討して投資することで、安定した収益性が期待できるかもしれません。

資産運用の手段として土地活用をお考えの方は、どのような活用方法があるのか、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。株式会社タカオでは、土地活用についての無料相談を受けつけていますので、お気軽にご相談ください。

土地活用を考えている方はこちら

 

関連記事

”土地活用”をはじめてみませんか

ご希望や土地の条件に添った、さまざまなご提案をさせていただいています。
まずはお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!

  • 土地活用による相続税対策とは?有効な理由と相続税の基礎知識

    2021年9月9日

    土地活用による相続税対策とは?有効な理由と相続税の基礎知識

  • 土地や家屋などにかかる固定資産税は土地活用で軽減できる?

    2021年9月9日

    土地や家屋などにかかる固定資産税は土地活用で軽減できる?

  • 障害者グループホームの建て貸しとは?その特徴と土地活用メリット

    2021年9月3日

    障害者グループホームの建て貸しとは?その特徴と土地活用メリット

土地活用ナビ

土地活用に関するご相談

弊社は土地活用による豊富な経験実績と数多くのテナント企業様との繋がりを活かして、
土地オーナー様にとってもっとも良い土地活用方法をご提案致します。
またその後の建物や賃貸契約のアフターサポートもさせて頂きます。

© TAKAO .
土地活用の
ご相談
施設出店の
ご相談
お問い合わせ