土地活用ナビ

土地活用の今が分かるトレンドや役立つ情報を発信。

media

200坪から300坪の土地活用はどうする?おすすめの活用方法を紹介

200坪から300坪の土地活用はどうする?おすすめの活用方法を紹介

200坪から300坪の土地は、その土地が都市部にあるのか、地方にあるのかによっても異なりますが、さまざまな活用方法が考えられます。

ここでは、200坪から300坪の土地活用について、おすすめの活用方法をご紹介しましょう。

200坪から300坪の土地は、どれくらいの広さ?

200坪から300坪の土地の広さで、どのような土地活用ができるのかを知るために、まずは広さのイメージをつかんでおきましょう。

・200坪:約661平方メートル、約408畳分
・300坪:約991平方メートル、約611畳分

学校などにある一般的な25mプール(6コース)の面積が約325平方メートルなので、200坪から300坪の土地にプールを並べると、2、3個入る大きさです。

200坪・300坪の土地活用について、話を聞いてみたい方はこちら

この広さでできる土地活用の方法は、地域性や立地によって異なります。
都市部なら、アパートやマンションなどの賃貸住宅をはじめ、クリニックや飲食店、オフィス、福祉施設など、さまざまな用途に活用できるでしょう。

一方、鉄道やバスなどの交通利便性が悪く、自家用車での移動が一般的な地方の場合は、同じ土地の広さでも事情が異なってきます
例えば、コンビニエンスストアでは、駐車場を含めて400坪から500坪の広さが必要になるのが一般的でしょう。ロードサイドなどで立地が良ければ、200坪から300坪でも有効な活用方法が考えられます。
そのほか、繁華街から1本外れたような裏道沿いや、住宅密集地から外れたエリアなど、いわゆる「二等立地」でもアイディア次第で土地活用は可能です。

【関連記事】

田舎の土地活用を成功させる方法は?おすすめの有効活用法4選

200坪から300坪の土地におすすめの活用方法と特徴

200坪から300坪の土地活用にはどのような具体例があるのか、おすすめの土地活用の方法とその特徴をご紹介します。

アパート・マンション

アパートやマンションなどの賃貸住宅を建てて経営するのは、最も一般的な土地活用の方法です。200坪から300坪の土地であれば、アパートやマンションを建てるには十分な広さがあります。

近隣に競合物件が多い場合には、差別化を図るために、駐車場や駐輪場スペース、エントランス、宅配ボックスなどの共用部を広く確保するなど、施設を充実させることも可能な広さです。

 

想定される入居者は、駅から近いなど交通利便性が良い立地では、単身者からファミリーまでの幅広い層がターゲットになるでしょう。郊外で住環境に恵まれた場所であれば、子育て環境を重視するファミリー世帯を中心とした需要が見込めます。

200坪・300坪の土地活用について、話を聞いてみたい方はこちら

商業施設

商業施設を建てるには、ある程度の広さの土地が必要です。ロードサイドなど立地が良い200坪から300坪の土地であれば、飲食店や小規模なドラッグストアなどへの活用が検討できます。地域のニーズに合えば、高い運用益が期待できるでしょう。

ただし、交通量や人通りが少ない二等立地では、現実的な土地活用の方法ではありません。

オフィスビル

200坪から300坪の土地は、オフィスビルを建てて活用することも可能です。堅実な経営で信頼性の高い会社や、伸び盛りの会社をテナントとして長期貸しできれば、場合によってはアパート・マンション経営よりも収益が安定することもありえます。

注意点としては、長期的・継続的に優良なテナントを確保するには、立地が重要なカギを握っているということ。周辺環境を十分に吟味し、オフィスとしてのニーズがあるかどうかを見極める必要があります。

200坪・300坪の土地活用について、話を聞いてみたい方はこちら

グループホーム

グループホームは、障害を持つ方々や認知症のある高齢者が、食事や介護、排泄の介助といったサポートを受けながら共同生活する住居のこと。福祉関連の事業者などが施設運営を行うのが一般的です。

200坪から300坪の土地は、グループホームを最大2棟建てることができ、一般的に運営バランスに適した広さといわれています。

このほか、グループホームには下記のようなメリットがあります。

 

・初期費用を抑えられる

オーナーが土地を提供して、建物は事業者が建てる方式を採用すれば、建築費などの初期費用を抑えることが可能です。

 

・長期的に安定した収入が見込める

グループホームは、基本的に施設の運営事業者が長期間で一括借上げすることが多く、退去率も低いため、長期的に安定した収入が見込めるでしょう。

 

・障害者グループホームは、施設が少なく、需要が高い

グループホームには、高齢者向けの施設と障害者向けの施設があります。中でも、障害者グループホームの需要はますます高まることが予想されていて、施設の供給が追いついていません。社会貢献と土地運用の両方を兼ね備えた土地活用方法のひとつといえるでしょう。

200坪・300坪の土地活用について、話を聞いてみたい方はこちら

・管理や修繕を事業者に任せることも可能

グループホームの施設運営や修繕を事業者に任せることもできるため、土地オーナーの負担が軽減されます。

 

・変形地でも活用可能

一般的に、戸建て住宅などを建てる際には、整形地が好まれます。活用しにくいとして敬遠される台形などの変形地や旗竿地でも、グループホームを建てることで土地活用につながります。

【関連記事】

変形地でも大丈夫!変形地のメリットを活かす土地活用方法

200坪から300坪の土地活用はプロに相談を!

200坪から300坪の土地は、グループホームをはじめさまざまな活用方法が見込める広さですが、立地や周辺環境によってベストな方法は異なります。活用方法に悩んだら、地域のニーズに詳しく、土地活用の経験が豊富な専門家に相談するのがおすすめです。

株式会社タカオでは、200坪から300坪の土地活用に向いている有用性の高いご提案ができますので、お気軽にご相談ください。

200坪・300坪の土地活用について、話を聞いてみたい方はこちら

 

関連記事

”土地活用”をはじめてみませんか

ご希望や土地の条件に添った、さまざまなご提案をさせていただいています。
まずはお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!

  • 土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

    2021年5月24日

    土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

  • 土地活用にかかる費用とは?初期費用や利回りをチェック!

    2021年5月24日

    土地活用にかかる費用とは?初期費用や利回りをチェック!

  • 田舎の土地を運用するなら?土地活用の注意点とおすすめ活用方法

    2021年5月24日

    田舎の土地を運用するなら?土地活用の注意点とおすすめ活用方法

土地活用ナビ

土地活用に関するご相談

弊社は土地活用による豊富な経験実績と数多くのテナント企業様との繋がりを活かして、
土地オーナー様にとってもっとも良い土地活用方法をご提案致します。
またその後の建物や賃貸契約のアフターサポートもさせて頂きます。

© TAKAO .
土地活用の
ご相談
施設出店の
ご相談
お問い合わせ