土地活用ナビ

土地活用の今が分かるトレンドや役立つ情報を発信。

media

土地活用はテナントや商業施設の誘致がおすすめ!その理由と成功のコツ

土地活用はテナントや商業施設の誘致がおすすめ!その理由と成功のコツ

土地活用の方法のひとつとして、テナントや商業施設の誘致があります。土地オーナーからするとハードルが高く感じられるかもしれませんが、信頼するパートナーに相談すれば、コストを抑えて高い収益を上げることも可能です。
ここでは、自身の土地をテナントや商業施設として活用するにあたっての、メリットをご紹介します。

効果的な土地活用の方法は?

一口に土地活用といっても、その方法はさまざま。土地の面積や周辺の環境によって、ベストの活用方法は変わってきます。さまざまな角度から検討し、どのように活用するのがいいのかを見極めることが重要です。

環境や広さ、目的によって活用方法は変わる

土地活用に大きく影響するのが、立地や周辺環境、面積、形状です。駅に近い立地なら賃貸住宅がいいでしょうし、駅から少々離れていても、国道や県道に接していれば、コンビニやドラッグストアなどの商業施設が合うかもしれません。繁華街ならばオフィスビルを建てるのもいいかもしれませんし、コインパーキングにするやり方もあります。

また、「必要十分な投資をして収益性を高くしたい場合」と「コストはなるべく抑えたい場合」で、選択肢は変わってきます。条例による建築規制があれば、それに沿った活用方法を考えなくてはなりません。

代表的な土地の活用方法

土地活用には、さまざまな選択肢があります。ここでは、代表的な方法をピックアップしてみましょう。

・賃貸住宅

アパートやマンションの経営は、土地活用の主流ともいえる方法。マンションの場合は建築費が大きくなりますが、その分、高い収益を見込むことができます。住宅を建てると土地に対する固定資産税が6分の1にまで減額されるほか、税制面でもメリットが大きいのが特徴です。
ただし、空室対策は常に必要で、住民同士のトラブルにも対応しなくてはならず、経年劣化による修繕も考えておかなくてはなりません。

・駐車場

駐車場は、ほかの方法に比べて初期費用が少なくて済みます。手軽に始めることができ、メンテナンスの必要がほとんどないこともメリットでしょう。建物が不要なので、ほかの用途への転用も簡単ですから、期限を区切った短期間での土地活用に向いた方法です。
しかし、収益性があまり高くないことや、節税効果が期待できないことが難点。「固定資産税の足しになれば…」程度の感覚でないと、少々物足りないかもしれません。

・商業施設

意外と自由度が高いのが商業施設です。立地や土地面積に合わせ、さまざまな業種の店舗が考えられます。市街地ならばオフィスビル、市街地でなければ福祉施設として活用するニーズも高まっています。また、土地だけ提供して、事業者が建物を建てる方法をとれば、初期費用をかけずに高い収益を得ることができます。
ただし、オーナー自身がテナントを見つけるのは難しいため、リーシングのプロの手を借りる必要はあるでしょう。

 

商業施設が有利な理由は?

前述のとおり、商業施設は土地活用の方法としては自由度が高いことをはじめ、さまざまなメリットがあります。その、主なメリットをご紹介しましょう。

土地を貸すだけで低コスト&安定収入

商業ビルを建ててテナントを入れる場合は、大きな初期投資がかかります。しかし、その場所に出店したい事業者が建物を建て、オーナーは土地だけを貸す形であれば、初期投資はほとんどかかりません
立地に合った店舗が出店すれば、低コストで安定した収入を得ることができます。

郊外でもロードサイドなら高収益が見込める

郊外のロードサイドの土地の場合、住宅用としては立地的に経営が難しくても、商業用であれば可能になることがあります。
また、少々市街地から離れた立地でも、国道などのロードサイドであれば、コンビニやドラッグストアなどの出店で、高い収益を見込むこともできます。

人間関係のトラブルが少ない

アパートやマンション経営では、住民同士のトラブルに頭を悩ませることも少なくありません。しかし、法人を対象にした商業施設なら、そうした心配はほとんどありません
特に、チェーン店の場合は、何らかのトラブルがあっても対応方法が確立されていることから、安心して貸し出すことができるでしょう。

相続税など、税制上も有利

アパートやマンションを建てた場合と同様、商業施設を建てた場合にも、土地の相続税評価額を大きく下げることができます。相続を考えて、税対策を行いたい場合には適した選択といえるでしょう。

商業施設としての具体的な活用方法は?

土地を商業施設として活用するにしても、具体的な方法はさまざまです。
大きなくくりでいえば、下記の2つに分けられます。

  • 土地オーナーが土地だけを貸す
  • 建物まで建てて貸し出す

それぞれについて、詳しくご説明しましょう。

土地のみを貸し出す場合

オーナーが土地を貸し出し、そこに事業者が店舗を建てて営業するスタイルでは、オーナーは自身所有の土地に「事業用定期借地権」を設定します。事業用定期借地権とは、「事業用に限り、期間を定めて土地を貸し出す」もので、契約期間が満了すれば借主は建物を解体し、原状復帰して土地を返還する決まりになっています。
そのため、低コストで土地活用でき、契約期間が終われば更地になって返還されることから、安定性の高い方法といえます。

オーナー自身が建物を建てて貸す場合

商業ビルを建ててテナントに貸し出すスタイルは、一般的な建物賃貸借になります。法人対象であれば賃料を高めに設定できるため収益性が高く、長期の入居が期待できますから、空室のリスクが少ないというメリットがあります。
さらに、テナント企業によっては建築費用の協力金もあり、さらに負担が少なく活用できる場合もあるでしょう。
また、テナント企業が内装や設備工事を行うため、初期投資や維持費の負担が抑えられ、短期間での回収が図れるというメリットもあります。

 

 

ノウハウを持つパートナーを見つけよう

土地だけを貸し出すにしろ、建物を建てて貸すにしろ、土地オーナー自身の手ですべてを処理するのは難しいはず。そこで大切なのは、十分なノウハウを持ったパートナーを見つけることです。そうすれば、リスクを抑えつつ、効率的な土地活用が可能になります。
土地活用をパートナーに依頼する主なメリットには、下記のようなものがあります。

質が高く効率的な設計ができる

商業ビルを考えた場合、そこに入居する企業にとって、家賃は大きなコストとなります。建物はそれに見合う使い勝手や効率性がなくてはなりません。また、エントランスからエレベーター、廊下、スタッフルームまで、一定レベルのグレード感を持たせることも大切です。

一日のうちの多くの時間を過ごすオフィスだからこそ、効率良く仕事ができ、ストレスを感じない設計が必要となります。さらに、居心地の良い照明や内装が施されていれば、社員のモチベーションも高まるでしょう。
商業施設の設計に慣れた業者であれば、こうしたポイントを押さえ、テナントが「入居したい」と感じる物件を設計できるはずです。

リーシングも任せられる

商業施設として土地、あるいは建物もいっしょに貸し出すとなると、借主を探さなくてはなりません。このリーシングはいわば営業ですが、ただ闇雲に企業に営業をかけるだけでは難しいでしょう。
近年では、飲食のチェーン店や小売店などが、自社のオフィシャルサイトで物件を募集するケースが多く見られるようになりましたが、不動産業者のネットワークなどからまめに情報をキャッチし、立地に合ったテナントを探し出すには、リーシングのノウハウを持った業者に依頼するのが効率的です。

土地活用は、まず相談から始めよう

商業向けの土地活用は、十分なノウハウがあれば、最も安定的かつ効率的に収益を上げることができます。そこで重要なのは、信頼できるパートナーの存在。設計・建築からリーシングまで依頼できる業者であれば、土地オーナー自身が動く必要はほとんどありません。
そのためには、安心して土地活用を任せられる、信頼できるパートナーを見つけましょう。

 

関連記事

”土地活用”をはじめてみませんか

ご希望や土地の条件に添った、さまざまなご提案をさせていただいています。
まずはお気軽にご相談ください。

あわせて読みたい!

  • 土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

    2021年5月24日

    土地への投資で収益を得るには?更地・空き地の有効活用方法

  • 土地活用にかかる費用とは?初期費用や利回りをチェック!

    2021年5月24日

    土地活用にかかる費用とは?初期費用や利回りをチェック!

  • 田舎の土地を運用するなら?土地活用の注意点とおすすめ活用方法

    2021年5月24日

    田舎の土地を運用するなら?土地活用の注意点とおすすめ活用方法

土地活用ナビ

土地活用に関するご相談

弊社は土地活用による豊富な経験実績と数多くのテナント企業様との繋がりを活かして、
土地オーナー様にとってもっとも良い土地活用方法をご提案致します。
またその後の建物や賃貸契約のアフターサポートもさせて頂きます。

© TAKAO .
土地活用の
ご相談
施設出店の
ご相談
お問い合わせ